医療理念

医者になって、見落としをなるべくしないように教育されてきました。
腎臓の専門医でもあるのですが、なるべく腎臓以外のところ、糖尿、高血圧など全部を診るようにしてきました。
一つだけではなく、全身を診るようにします。
貧血が進んできた時は、癌が隠れていないか診るようにしています。病気に早く気付くことが大切だと思っています。

また、健康食品的なお茶を試した。ダイエットを試した。自分で食事に気を付けた。ダメだった理由は適切な制限が出来ていなかった。
自分の感覚ではこの程度でいいと思っても、科学的な指導がなく、トライしたものを検証検査する指標もなくやっていると、 大変なことになっている方もいらっしゃいます。

当院は検尿の機械もいいものを入れる。タンパクがおりている人、正確な量、食塩摂取量。栄養士がいる。

患者さんの立場からも、上からこうしなさいと断定して言われるといやだと思います。きちんとした説明が欲しいのではと思っています。

患者さんが求めていることがわかれば、それに対する答えは出すように努力します。ちょっとしたことでも聞いてください。

診療

【糖尿病内科】
口の渇き、むくみ、手足のしびれ、体重の増減、血糖値、ヘモグロビンA1Cの異常、多飲、多尿など

【小児科】
発熱、咳、鼻汁、腹痛、下痢、嘔吐、血便、血尿、たんぱく尿、予防接種、各種ウイルス性疾患など

症状がないため、そのままにしていると病気が重くなることが多々あります。
気を付けて戻るレベル、気を付けてももう戻らない時期までいくと大変になります。
検査をするとその状態やタイミングがわかるります。まずは検査をしましょう。

桑名もり内科の3つのこだわり

桑名もり内科の3つの取り組み

桑名もり内科では3つのこだわり、
「医師として、常に勉強し、新しい医療を研鑽し続け、患者さんにいい医療を提供していきます。」
「あなたの不安、訴えをしっかり聞き、かつ受け止め、それに対しての分かり易い説明をこころがけます。」
「院内処方をしています。薬の説明を院長がしっかりかつ分かり易く説明します。」
を実現する ために3つの取り組みをしています。

  • 糖尿病療養指導士の資格を持つ管理栄養士が食事改善を行い、薬を飲む量を減らしながらの改善方法を提案します。 栄養士の栄養指導で、おしっこの検査からのデータをフィードバックしつつ、塩分検査が出せるようにします

  • ちょっとしたことを聞きたい。聞きやすい雰囲気づくりに努力します。 あなたから、「これもってきたんですけれど、見てもらいますか?」という関係性を目指します。

  • 院長が全身を診れるため、薬の副作用も含め考えて処方しています。 また薬の説明も院長が行います。 患者さんの経済的負担を軽くするよう院内処方にしているため、院外処方より安いです。ジェネリックを使えばさらに安くなります。

生活習慣病治療は
桑名もり内科

桑名もり内科

  • 〒511-0864
    三重県桑名市大字西方499番地

    TEL:0594-41-5155

    【診療時間】
    月・火・水・木・金
     8:30 - 12:00、15:30 - 18:30
    土曜日
     8:30 - 12:00

    FB twitter Instagram You Tube