こだわり

仕事観
「二人の・・」
医師になりたての頃に今も印象に残っている二人の医師に会いました。

「どちらが・・」
1人は医学的知識や技術はそこまで高くないものの、患者さんに対しての病状説明がとても上手で医師からの評判は高くないもの、患者さんの満足度は高い先生。
もう一人の先生は、医学的知識も豊富で勉強も積極的に行っている先生で、しかしながら患者さんに対しても専門用語を用いて説明されることが多く、患者さん自身はあまり理解されていない先生。

「患者さんにとって」
医師にとっては当たり前の用語も、患者さんにとっては分かりにくいことが多々あると思います。また医学の発展も10年で新たな概念が出てくることも多々あり、医師は研鑽を続けていく必要があります。

「非常に重要・・」
医師としての仕事は研鑽を積むことも大事で、それを患者さんに分かり易くかみ砕いて説明することも大事、自分が医師としてすすんでいく上でこの2点のバランスは非常に重要だと感じました。自分は医師として、患者さんに信頼してもらうために、「患者さんにわかってもらいやすいコミュニケーション」と「患者さんに信頼してもらうための、医療のプロとしての知識・技術」の両面を研鑽しつづけたいと思っています。  

「専門用語?」
専門用語については、長期にわたり働くようになると、毎日の職場で我々医療者は当たり前のように使用してしまいます。
スタッフ間どうしなら、むしろその方がスムーズに伝わることも多いかと思います。
私自身も患者さんへの説明の時に、つい出てしまうこともあります。患者さん自身は、なかなか説明の途中にわかりにくい専門用語について質問もしづらいと思われます。
そんな時、後で病室で看護師がフォローの説明をしてくれていたこともありました。

「医学常識の変化?」
栄養面に関して、ここ10年で概念が大きく変わってきた部分があります。特に高コレステロール血症に関する食事療法、サルコペニア、認知症予防、腎臓病における蛋白制限など。 新しい知識を学んで、吟味し、目の前の患者さんに還元していく必要性は大きいと思います。

「一緒に仕事を・・」
患者さんに伝えていくにあたって、一緒に相談しながら新しいことを積極的に学ぶ意欲を持ってやってくれる方と一緒に仕事をしたいと思っています。

桑名もり内科の3つのこだわり

桑名もり内科の3つの取り組み

桑名もり内科では3つのこだわり、
「医師として、常に勉強し、新しい医療を研鑽し続け、患者さんにいい医療を提供していきます。」
「あなたの不安、訴えをしっかり聞き、かつ受け止め、それに対しての分かり易い説明をこころがけます。」
「院内処方をしています。薬の説明を院長がしっかりかつ分かり易く説明します。」
を実現する ために3つの取り組みをしています。

  • 糖尿病療養指導士の資格を持つ管理栄養士が食事改善を行い、薬を飲む量を減らしながらの改善方法を提案します。 栄養士の栄養指導で、おしっこの検査からのデータをフィードバックしつつ、塩分検査が出せるようにします

  • ちょっとしたことを聞きたい。聞きやすい雰囲気づくりに努力します。 あなたから、「これもってきたんですけれど、見てもらいますか?」という関係性を目指します。

  • 院長が全身を診れるため、薬の副作用も含め考えて処方しています。 また薬の説明も院長が行います。 患者さんの経済的負担を軽くするよう院内処方にしているため、院外処方より安いです。ジェネリックを使えばさらに安くなります。

生活習慣病治療は
桑名もり内科

桑名もり内科

  • 〒511-0864
    三重県桑名市大字西方499番地

    TEL:0594-41-5155

    【診療時間】
    月・火・水・木・金
     8:30 - 12:00、15:30 - 18:30
    土曜日
     8:30 - 12:00

    FB twitter Instagram You Tube